ヤマハ 3A型 7ストップ


肝心な大・小三つの風袋は、ゴム布の破れは無いものの角・折れ目から空気が洩れて
音もちが悪かったので、分解してゴム布の補修をしましたので空気持ちは抜群です。
ペダルを5~6回交互に踏んで、すぐに足を離すと同時に中音域の鍵盤1つを押さえると、
その音は20秒以上鳴り続けていますので、空気持ちは大変良くなりました。抜群です。

バルブ関係・リード関係・鍵盤・ストップアクションなども分解・掃除・点検して、
必要な箇所は修理・調整しましたので30年は大丈夫です。

鍵盤は、白鍵のひび割れが多かったのでアクリル鍵盤に貼り替えました。

調律は、ピッチ440ヘルツで調律済みです。リードオルガンは音が狂いにくいので、
10年に1回位、オルガンの点検を兼ねて調律すればよいと思います。

外装はワックス掛けと部分的に塗装をしましたので奇麗になりました。

11-7-25-057

11-7-25-064

下の写真のように分解して各部の点検・修理・及び調整をしました。

11-7-25-01311-7-25-042

関連記事

  1. ヤマハ UX-1 X支柱の高級機種

  2. ヤマハ 五号型 大正12年製

  3. オルガン修理中の写真